『子犬』に特化した子犬専門のしつけサイト

トップページペット用品サイトマップ
子犬のしつけ.com 子犬をしつける際のポイントは子犬の本質を理解すること しつけマニュアルではなかなか知ることができない“子犬をしつけるためのコツ”がよく解ります
しつけの基礎知識 ハウストレーニング 夜鳴き対策 トイレトレーニング 甘噛み対策 呼び戻しのしつけ 無駄吠え対策



子犬のしつけ【基礎編】
子犬をしつけるための基礎知識
しつけを始める前に
しつけ以前に大切なこと
主従関係の構築
やって良いこととイケナイことの区別
しつけのコツと注意点
間違ったしつけ
ハウストレーニング
ハウスのあり方
ハウスを嫌がる場合
ハウストレーニングのコツ
夜鳴き対策
夜鳴きに備えて
子犬を迎えたら
夜鳴きをしたら
夜鳴きがあまりにもひどい場合
トイレトレーニング(トイレのしつけ)
最初のトイレトレーニング
お部屋でのトイレトレーニング
トイレのマナー

子犬のしつけ【応用編】
甘噛み対策
甘噛みをする理由
噛みグセをなくすコツ
甘噛みの対処法
呼び戻しのしつけ
呼び戻しとは?
呼び戻しのコツ
無駄吠え対策
無駄吠えとは?
無駄吠えの対処法

ペット用品・ペット保険
ペット用品
ペット保険

いぬのきもち・ねこのきもち

運営者情報
Woof ウーフ (子犬のしつけドットコム)
当サイト概要
サイトマップ

しつけの参考に…
しつけ関連書籍


しつけ関連DVD

ペット関連サイト
ペット関連サイト様のご紹介

@Woof
子犬の情報館 Woof
犬のケージ.com
ペットのハタケシメジ.com
究極のペット用品専門店Woof

草の根運動
生後8週齢未満の販売規制

ハウストレーニング(ハウスのしつけ)
Vol.1 ハウスのあり方
ペットとして飼育される犬は我々人間のパートナー的な存在となりましたが、本来は土に穴を掘り、巣を造って暮らす(休む)狼を祖先とする穴倉動物です。

そんな犬が人間社会の中(ペットとして)で暮らしていく上でも、当然ながら巣に相当するものが必要となります。

それが“ハウス”です。

以前、ハウスがないお庭で放し飼いにされている犬の気持ちを描写したユニークなテレビCMが放映されていました。

こちらがその映像です。


もうお解りのことと思いますが、ここに登場するおじさんは“犬”です。

庭で放し飼い状態のワンちゃん(おじさん)は朝から晩まで外敵(家の前を通る人や来客)の気配を感じる度に怯えながら「ワン!ワン!(誰?誰!)」と吠えて(叫んで)います。

まさにこの状況こそがハウス(ケージやサークルといったいわゆる“犬小屋”)がない状態で放し飼いにされているワンちゃんの気持ちなのです。

室内飼育・屋外飼育を問わず、子犬の時期から放し飼いにしてしまうと落ち着きのない性格になり得ると言われている理由もこの映像からじゅうぶんお解り頂けることでしょう。

そのハウスが子犬の精神衛生上でプラスになるだけではなく、実は子犬のしつけにおいてとても重要な役割を果たしてくれます。

人間の感覚だと犬のハウスは『犬を閉じ込めておくオリ』と考えてしまいがちですが、先程も述べました通り、本来穴倉動物である犬にとっては広過ぎない適度な大きさのハウスが一番心安らぐ寝床(巣)となるのです。

ワンちゃんはハウスを与えられると、そこが自分専用のテリトリーであることを徐々に理解していきます。

そして飼い主さんはこれまでの生活スタイルを変えることなく、今まで通り過ごしてください。

こういったワンちゃんをハウスで過ごさせる飼い方を一般的に“ケージ飼い”と呼びます。

そのケージ飼いを成犬(1才程度)になるまで続けるだけで、ワンちゃんは人間(飼い主)との立場の違いを自然に理解してくれるのです。(本来は成犬になってからもケージ飼いを続けていくのが理想的)

これに対し、ハウスを与えられていないワンちゃんは必然的に飼い主さんと同じ行動範囲で生活することになります。

結果的にその放し飼い状態が『自分は人間と対等な地位』という勘違いを引き起こし易くなってしまうのです。(場合によっては人間より上位と勘違いしてしまうこともあり得ます)

最初からハウス中心で過ごさせる“ケージ飼い”とお部屋の中を自由に放した状態での“放し飼い”とでは明らかに今後のしつけに差が生じてきます。

子犬をしつけるための基礎知識の項目で解説してきたことを忠実に実行し、ハウス中心の飼育(ケージ飼い)を心掛ければしつけの基礎作りは完了したといっても過言ではありません。

そしてこれらの基礎作りがしっかりと出来てさえいれば、家庭犬レベルのしつけなら飼育初心者さんでも驚くほどカンタンに出来てしまいます。

なぜならそれはあなたの愛犬があなた自身のことを尊敬に値するリーダーであると認識し、そのリーダーからしっかりと守られていることを最高の安堵と感じるからです。(すなわちそれが野生の犬社会におけるボスと群れのメンバーの関係に値するのです)

つまりハウスはワンちゃんの習性を上手く活かし、なおかつワンちゃんに負担を与えることなく今後しつけをする上での基礎作りが出来てしまうスーパーアイテムであり、必須アイテムでもあるのです。

大抵は成犬時のサイズを考慮してハウスを選ぶと思いますので、子犬の時期はハウス(ケージやサークル)が大き過ぎることもあるでしょう。

そんな時はハウスの中に寝床として段ボール箱やペット用ベッドなどを用意してあげれば大丈夫。

寝床が大き過ぎると子犬は落ち着いて休めませんので、身体を丸めた状態で収まる程度の大きさが理想的です。

ハウスのスペースにさらなる余裕があれば、中に置く寝床としてクレート(キャリーケース)を使ってクレートトレーニングをすることも出来ます。

クレートトレーニングが出来ていればそのまま移動することが出来るので、ドライブや旅行に連れて行く際にも便利です。

そして成犬になった段階で『ハウス=自分のテリトリー』ということが理解出来ていて、なおかつお部屋でイタズラしない程度までのしつけさえ出来ていれば、ハウスに自由に出入り出来る状態にしてお部屋の中で放し飼いにしても良いでしょう。

これから子犬を飼育される方も、既に愛犬を飼育されている方も、必ず飼育環境や犬種に見合ったハウスを用意してあげましょう。

次のページではワンちゃんがハウスを嫌がるケースについて解説して参りましょう。

>>> ハウスを嫌がる場合
お手入れかんたんケージ
ブリーダーさん、トリマーさん御用達。丈夫な造りで使い勝手もバツグン
http://www.inuno-cage.com/
【ハウストレーニング】
Vol.1 ハウスのあり方
Vol.2 ハウスを嫌がる場合
Vol.3 ハウストレーニングのコツ

犬診断(いぬのきもち)

しつけの基礎知識ハウストレーニング夜鳴き対策トイレトレーニング甘噛み対策呼び戻しのしつけ無駄吠え対策
ペット用品サイトマップ運営者情報ペット関連サイト様のご紹介トップページ
当サイトにおけるすべての文章、画像等を無断で転載、転用することを禁止します
Copyright (C) Woof All rights reserved.