「子犬を飼いたいと思っていますが、無駄吠えしない子が希望です。」といったご相談をよく頂きます。

せっかくこれから子犬を迎えるのですから、無駄吠えしない賢いワンちゃんを飼いたいと思うのは当然のことですよね。

ただ、それ以前の問題として『無駄吠え』と呼ばれる行為自体が正しく理解されていないのも事実。

我々人間が言葉を発して会話をするのと同様に、犬たちにとって吠えることは何かを伝えようとするごく自然な行動です。

そうです、犬たちは意味も無くただ吠えているのではなく、『感情』を伝えようと一生懸命吠えているのです。

飼い主さんにとって都合の悪い時に愛犬が吠えると、それをすべて『無駄吠え』という言葉で片付け、なおかつその原因のすべてが愛犬側にあると考える風潮がありますが、それは人間目線の勝手な言い分です。

では一体どういった吠え方のことを『無駄吠え』と呼ぶのでしょうか?

正式な定義はありませんが、当サイトでは『誤ったしつけが原因で本来吠えるべきではない状況下で吠えてしまう』状態こそが『無駄吠え』だと考えています。

その『無駄吠え』とされる吠え方は大きく分けて次の2種類のパターンが挙げられます。


パターン1.外敵を威嚇して吠える

犬である以上、自分のテリトリー(家の中や敷地内)に外敵(来客)が侵入して来た時に吠えるのは仕方がないことで、時にはそれが必要とされる場合もあります。

ただ、その吠える行動を飼い主さんが制止できないと『無駄吠え』になってしまいます。

解り易く例えると、飼い主さんをリーダーとして認識している犬は外敵の気配を察知すると、吠えながら飼い主さんにこのように報告してくれます。

「大変です!見知らぬ者が縄張りに侵入して来たようです!ご主人様、助けてください!」

信頼するご主人様(飼い主)に危険な状況を報告した犬はご主人様の登場により次第に冷静さを取り戻し、その吠え方は徐々に落ち着いてくるのです。(こちらが本来あるべき姿)

しかしながら、飼い主さんをリーダーと認識していない犬が外敵を発見すると、吠えながら飼い主さんにこのように伝えるのです。

「大変だ!見知らぬ者が縄張りに侵入してきたぞ!ここは私に任せてお前たち(=飼い主のこと)は安全な場所に避難していなさい!」

自らが守るべく群れの仲間(飼い主)に避難を促した勇敢なボス(犬)は外敵を威嚇し、吠え方をヒートアップさせながら自分の縄張り(家)を守ろうとするのです。

つまり飼い主さんが愛犬をコントロールできていない後者のパターンが『無駄吠え』とされる吠え方のひとつなのです。


パターン2.何かを要求して吠える

飼い主さんに何かを伝えようとして吠えるのはごく普通の行動ですが、それとは異なり自分のわがままを押し通すために吠え続けるケースがあります。

『要求吠え』とも呼ばれるパターンですが、自分が飼い主さんよりも上位であると勘違いしている子に多く見られる傾向にあり、これも『無駄吠え』とされる吠え方のひとつです。

つまり、どちらの場合も本来あるべき主従関係が築かれていないことに原因があるのです。

もちろん、その子の個性(気質)によって“よく吠える or あまり吠えない”といった違いが見られることもありますが、子犬を迎える(選ぶ)生後2か月齢前後の時点でその違いを見極めるのはちょっと難しいかもしれませんね…。


ただ、犬種としての特性はある程度影響してきますので、多くの犬種の中から無駄吠えをしない子犬(個体)を探すよりも、あまり吠えない犬種の中から子犬を探す方がより確実と言えるでしょう。

当然ながら個体差による違いはありますが、一般論として“気性が荒い”と言われるテリア系犬種はよく吠える犬種の代表として挙げられてしまうことが多いですね…。

そこで、あえて“あまり吠えない”という条件を重視して犬種を選ぶのであれば『狆(ちん)』がおすすめです。

狆(ちん)

狆は鳴き声を聞くことはあっても吠えている声はあまり聞かないという飼い主さんが結構いらっしゃいますので、あまり吠えない犬種をお探しなら狆(ちん)は無難な選択かもしれません。

そして実はもうひとつ、ほとんど吠えない犬種の代表格として『バセンジー』という犬種が存在します。

バセンジー

基本的にバセンジーが声を発するのは感情を表現する時に「クー、クー」と高い声で鳴くだけで、吠えることはほとんどありません。

そんなバセンジーは“吠えない犬種”をお探しの方にはまさにピッタリの犬種なのですが、いかんせん数が少ないのでなかなか巡り会う(入手する)ことができないのがネックなのです…。

 

次のページ
【無駄吠え対策】2.無駄吠えの対処法

 

お手入れかんたんケージ
ブリーダーさん、トリマーさん御用達。丈夫な造りで使い勝手もバツグン
https://www.inuno-cage.com/